how to -制作工程-

ここでは、2010年4月晋遊舎より発売されました「イラスト上達マガジン touch」より、当アトリエが担当しました
アニメーション美術制作のHOW TOについて一部を抜粋し紹介しております。
GALLREYなどで興味を持っていただいた方に是非参考にしていただければと思います。
制作環境
今回は題材が自由とのことですので、何年か前に山形で撮った写真を元にレイアウトを起こしました。


OS:Windows 7 (64bit版)
使用ソフト:Photoshop CS4、Painter X
タブレット:Wacom Intuos4
ページTOPへ
step1 線画の作成
線画を起こします。
実際の風景より奥の雪山が近くにありますが、これは当時印象に残ったので存在感を強めたかった為です。
ページTOPへ
step2 レイヤー作成と色調、明暗イメージ固め
photoshopでパーツごとにベタ塗りのレイヤーを作っていきます。

全体としては曇り空だが、手前の河原には日が差していて明るく、雪山の上の雲にも切れ間があり光条がのびている、雪山のしたのほうはケブっている、と言った要素でイメージを固めて行きます。
ページTOPへ
step3 地塗り
大きいパーツのレイヤーをコピーしておき、ここで作業をpainterに移して地塗りをします。
奥の山から塗って行きます。Painterのアーティストオイルを使い出来るだけ大掴みに塗って行きます。ここでは塗りははみだしは気にしません。
最終的には雲はもっと明るくしたいのですが、曇り空という、形のあるようでないものを表現するため、少し暗めに、雲の陰影もある程度コントラストをつけて描いて行きます。
そして雲が仕上がったら、雲に隙間の穴をあけます。用意しておいた青空が見えました。
ページTOPへ
step4 草木の追加

ここには水路があって段差があるので雪の造形を整えます。

植物の根元の雪、細部を描き加えます。

対岸の植物を描きます。手前は一本一本表現しましたが奥は固まりとしてとらえて行きます。

必要なところにのみ太めのタッチをおいたり積もった雪を描き足したりします。
全体で確認、ここでpainterでの作業は終了です。
ページTOPへ